« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

劇団でごばバトン日記その7

どうも~劇団でごばの五代目です。
最近すっかり寒くなりましたね。実家は山ばっかりの場所なので、氷点下20度とか有り得ない数字を叩き出しております。風呂場の窓ガラスは結露でとんでもないことに……。
そんな夜はやっぱり温かい飲み物に限りますね。
劇団一の飲兵衛を自称する私としてはオーソドックスに日本酒や焼酎のお湯割りを推したいところですが、カクテル用に買って飲み余していたラム酒があったので、今夜は暖かい一杯を。

まず、マグカップにティースプーン一杯ほどの砂糖を入れ、そこにラム酒と牛乳を1対5ほどの割合で入れます。
これを電子レンジで1分半ほどチン。
暖かくなった中身に、ほんの少しのバターを浮かべたら完成です。
お好みでシナモンも加えると香りが良くなります。
簡単ですので試してみてください。ラム酒も店によってはコンビニなんかでも手に入りますし。
ちなみにこのカクテル、名前を「ホット・バタード・ラム・カウ」と言います。
カウ(牛)と名前の付くカクテルは大抵牛乳を使うのですが、ラムの甘さにバターのコク、スパイスの香りと三拍子そろったこれはホットカクテルの定番ですね。
氷を使うのばかりがカクテルではないわけです。季節に合わせて、無限の飲み方があるのがカクテルの良さでもあり難しさであったりします。
さっそく一口……うん、うまし♪
度数も軽めで体も温まる。寝る前の一杯にいかがでしょうか? 疲れた胃にもじんわり沁みて、ぐっすり眠れますよ?

思えば私にカクテル趣味ができたのも、2年前の冬公演にて老バーテンダーの役をさせてもらってからだったことを思い出します。
全役者の中でも断トツで台詞も多く、上演中ずっと立ちっぱなしでどうすればお客様に届く演技ができるのか、一年生ながらに苦しみ、とても良い経験をさせてもらった劇でした。
あれから月日が経ち、いよいよ私もでごばから引退です。
お客様にじんわりと暖かいものを届けられるよう、最後まで劇団員総出で走り抜けたいと思います。
興味のある方、是非とも2月24日は茅野市民館に足をお運びくださいませ。

では、告知の方をば。



Photo

■劇団でごば第24回公演(冬公演)■

●タイトル
「ここにある確かなもの。」

●演出・脚本
青木邦晃

●あらすじ

――ただ、当たり前のようにそこにあった日々。

これといってやりたいことも見つからず、詐欺師として生きる純也。

仕事で出会った三人の若者を通じて、彼は封印してきた自らの秘密と直面する。

あなたに別れたくない人はいますか……?

笑って泣いて、今年の冬も市民館ででごばが暴れる!

劇団でごばが贈る、これはある青年たちの追憶と決断の物語。

過去から今へとつながる、絆の先の選択とは……?

●公演日時
2012年2月24日(金)

開場:18時00分~

開演:18時30分~
※公演時間は2時間
※途中10分間の休憩あり

●場所
茅野市民館・2階コンサートホール
(JR中央本線・茅野駅下車、東口隣接、または、中央自動車道・諏訪ICより車で12分)

●入場料金

当日…700円
前売り券…500円(下記問い合わせ先にて、ご注文できます。)
※小学生以下無料

●お問い合わせ先

電話番号:080-3122-1154(劇団でごば)
e-mail:gekidandegoba@live.jp
劇団でごば公式HP:http://gekidandegoba.xxxxxxxx.jp/

以上のとおりとなっております。

ううむ、いつになく真面目なキャラで書いてしまった……。慣れないもんですな……( ̄ω ̄;)

そういやバトン日記でしたっけ? 来週の生贄さん(はぁと)は誰にしようか……。

(´・ω・)(´・ω・)(・ω・`)(・ω・`) 審議中……

おらサティ! 来週はおめーさんの番だ!!! (鼻くそほじりながらフェードアウト)

以上、五代目からでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

劇団でごばバトン日記その6

雪だぁぁあああああああ!!!!
ブログをご覧の皆さんこんにちは!
テスト期間中にもかかわらず友人たちと3m級巨大雪だるまを作ってました、せいちゃんです(*・ω・*)ノシ

長野は雪ですよッ!
雪といえば
スキー!
スノボ!
雪合戦!
もう遊びの宝庫なんです!

寒い?
ガキの遊び?

甘い!
具体的には昨日食べた練乳イチゴタルトより甘い!
あんなの食えたもんじゃない!!(ペッ!

体を動かす機会が少ない大人だからこそ、外に出るのです!
日頃溜まってたストレスも発散できて、気持ちが晴れやかになるもんですよ!
是非お試しあれ☆

さて、僕がこんなにハイテンションである理由は他でもなく、劇団でごばの冬公演当日まで、あと約1ヶ月になったのです!
いやーーー楽しみですねーーーあげぽよですねーーーー^^↑

僕も役者として登場致しますが、こんなハイテンションなキモキャラではございませんよ!?
僕の演じる役は、クールなイケメンなんです☆
イケメンの僕がイケメンを演じるんだから、はまり役ですよね!
おや、何か言いたそうな顔してますね!
今のあなたの心情を当ててみせましょう!
「鏡を見てから言え」
ですよね?
当たった!?

そしていよいよポスターも完成!

Photo

役者の人も、そうでない人も、みんなで集まって、めっちゃかっこよく写真を撮りました!
ホンモノのポスターは諏訪を中心に街の至る所に貼り付けられていますッ
見かけたらラクガキしないで、一人ひとりの顔を見ながら
「やだ・・・///イケメン///」
って言ってみてください!
時間の無駄です!

さぁて、来週のバトン日記は?(サザエさん風に)

「く に ち ゃ ん」

の一本です!

ジャンケン、ポン☆

うふふふ♪


■劇団でごば第24回公演(冬公演)■

●タイトル
「ここにある確かなもの。」

●演出・脚本
青木邦晃

●あらすじ

――ただ、当たり前のようにそこにあった日々。

これといってやりたいことも見つからず、詐欺師として生きる純也。

仕事で出会った三人の若者を通じて、彼は封印してきた自らの秘密と直面する。

あなたに別れたくない人はいますか……?

笑って泣いて、今年の冬も市民館ででごばが暴れる!

劇団でごばが贈る、これはある青年たちの追憶と決断の物語。

過去から今へとつながる、絆の先の選択とは……?


●公演日時
2012年2月24日(金)

開場:18時00分~

開演:18時30分~
※公演時間は2時間
※途中10分間の休憩あり

●場所
茅野市民館・2階コンサートホール
(JR中央本線・茅野駅下車、東口隣接、または、中央自動車道・諏訪ICより車で12分)

●入場料金

当日…700円
前売り券…500円(下記問い合わせ先にて、ご注文できます。)
※小学生以下無料

●お問い合わせ先

電話番号:080-3122-1154(劇団でごば)
e-mail:gekidandegoba@live.jp
劇団でごば公式HP:http://gekidandegoba.xxxxxxxx.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

劇団でごばバトン日記その5

こんにちは

ダノンです。

今日はセンター試験でしたね。

せっかくですので今日はセンター試験についてお話しましょう。

来年センター試験を受ける人は参考にしてください。

センター試験とは「宝くじ」です。

しかし、ただの宝くじではないです。

なぜならこの宝くじは、組み合わせが半端ない

マークシートは4通りからひとつを選ぶ行為を約53回繰り返すことを求めるのです。

これを計算すると、453で81129638414606681695789005144064(約8113穰/8113万Y)通りとなります。

ロト6の一等を14回あてるだけの運が必要なのです。

恐ろしいですよねー


ちなみに、今回私は公演にあまり関わりません。

一身上の都合です。

ひょっとしたら、

一月で学校に来るのが最後になるかもしれません

ただ全く関わってないのではなく

スタッフ仕事をちょっとだけ担当してます。

衣装です。よろしくね(^-^)/


では告知をば


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


劇団でごば 第24回公演(2012年冬公演) 『ここにある確かなもの。』

あらすじ:
——ただ、当たり前のようにそこにあった日々。

これといってやりたいことも見つからず、詐欺師として生きる純也。

仕事で出会った三人の若者を通じて、彼は封印してきた自らの秘密と直面する。

あなたに別れたくない人はいますか……?

笑って泣いて、今年の冬も市民館ででごばが暴れる!

劇団でごばが贈る、これはある青年たちの追憶と決断の物語。

過去から今へとつながる、絆の先の選択とは……?


演出・脚本:青木邦晃

場所:茅野市民館・2階コンサートホール
(JR中央本線・茅野駅下車、東口隣接、または、中央自動車道・諏訪ICより車で12分)
日時:2012年2月24日(金)
会場 18:00〜
開演 18:30〜
※公演時間は2時間、途中10分間の休憩あり

入場料:
当日700円
前売り券500円
小学生以下無料
※前売り券は下記のお問い合わせ先にてご注文できます。

お問い合わせ先:
電話番号: 080-3122-1154 (劇団でごば)
e-mail:gekidandegoba@live.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


次回はせいちゃん先輩にお願いします それではー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

劇団でごばバトン日記その4

おはようございます。
お正月は実家に帰って弟と戦国BASARAで遊んで、弟にボコボコされました。高橋です。

元日の話。
1/1 00:02
高橋のケータイが振動。開くとサティ(前回の更新者)からのあけおめメール。
へへっ。律儀なやつだぜ。
背景が黄緑色で蛍光色で中々目に負担がかかるけど、気持ちのこもったメールだったぜ☆


1/1 00:49
高橋のケータイが振動。開くとサティ(前回の日記を書いた人)からのあけおめメール。
そうか、あけおめはサティにとって大事なことだったんだね。だから2回送るんだね。
背景は相変わらず黄緑色で蛍光色で目にダメージを与えるけど、その気持ち受け取ったぜ☆☆


1/1 01:31
高橋のケータイが振動。開くとサティ(前回の日記で格付けランキングについて書いてた人)からのあけおめメール。
なるほど、2度ある事は3度ある。サティ、1本取られたぜ。これからも精進しろYO!
背景はやっぱりどうして黄緑色で蛍光色で目をガンガン痛めつけるけど、お前の気持ち、ムダにはしないぜ☆☆☆


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


って送り過ぎだろ!!!!
何で3回も送ってんだよ!
あれか?送信ミスか?
ケータイ買ったばかりで使い慣れてない卒業直前の中学生かよ!!

多分、普段高橋がボケまくって困らせてるから、サティからのせめてものお返しなんだと思います。
サティ、休み明けは覚悟しておけよ。
ボケまくってやるからな?

ちなみに高橋は秘かにサティとコンビを組んでいます(詳しくはこちら⇒『真剣十代しゃ○り場』

さて、程良く乱文を書いたところで告知をば。

------------------------------------------------------------------------------

◆劇団でごば冬公演◆

タイトル未定

演出・脚本:青木邦晃
助演出:米山亘

2012年2月24日(金)
開演:18時30分(予定)
会場:茅野市民館コンサートホール

------------------------------------------------------------------------------

今後、情報をアップしていきます。
みなさん、ご都合よろしければどうぞ足をお運びくださいませ。

それでは今回はこの辺で。
でわでわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

劇団でごばバトン日記その3

でごばブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます!
一年のサティと申します。どうぞヨロシクm(_ _)m

今回人生で初めてブログ作ったんで、若干テンパってます。そしてプライベートでもたぶん書かないかと思います…(^_^;)

さて皆さん、元旦はどのようにお過ごしでしょうか?
わたくし只今、諏訪のおじいちゃんの家で
『格付けランキング』見ておりました。
だいたいこの番組では二流・三流芸人とか、最悪消えちゃったりするんですが、
今回Gacktさん、紀里谷さんがやってくれました!
なんと全問正解、つまり一流芸人に格付けされたわけです!
いやぁ~、まさに一流芸人と言えるあの堂々たる態度、カッコいいです!\(◎o◎)/
思わず感動してしまいました…。
しかもGacktさんは3連続一流芸人で18連続正解…
マジパネェわ………(汗)

…長々と書いてしまいましまいましたが、これ劇団のブログなんでね…しかもバトンブログだし……さすがにその辺に触れないとね……(^_^;)


…さぁて!2月24日18:30より茅野市民館コンサートホールで、我が劇団の冬公演が行われます!(^o^)/
冬休みが終わったら、本格的に練習が始まります。
ってことで、この休み中にセリフを覚えてるとこです。
聞くところによると、冬公演の練習は結構ピリピリするらしい……こ、こえぇ…(汗)
…で、でも耐えていいものは作りたいですしね。

…えっ?僕はなんの役やるのか?
そこは来てのお楽しみでwただ僕の中でもかなりの冒険になると思います。
一年目でこうなるのはたぶん無理があると思いますが、
お客さんと一体化できるような演技ができたらなぁと思います。

さて…そろそろお別れかなぁってところですが、バトンは米山先輩にお願いしましょうかね。


それでは皆さん、また会う日まで!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »