« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年10月

2012年10月23日 (火)

秋公演終了!!

こんばんわ!秋公演演出のサティ~です!ヽ(´▽`)/
・・・・・・ってかブログ書くの遅くねぇか!?o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

言い訳になってしまいますが、
公演直前に更新しとけと言われたのに、
あまりの眠さに勝てませんでした…
そこに関してはすみませんでした…(*_ _)人ゴメンナサイ・・・・・・

さて、秋公演でしたが、

おかげさまで無事千秋楽を終えることができました!
今回公演に来ていただいたお客さんは、
1回目34人  2回目18人  初日合計52人
3回目23人  4回目37人  最終日合計60人
総計112人
の方に来ていただきました!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
本当に、ありがとうございます!!notesべりーべりーさんくす♪(o ̄∇ ̄)/

今回演出をやらせていただいて感じたことは
………
……
しばらく演出はいいや(゚ー゚; うんwwwww
やること多いんだよなぁ…いろいろもめ事も出てくるし…sweat01
しかし、決して後悔していません。
なぜなら、少ないメンバーで、たった一ヶ月で、来ていただいた方に「おもしろかった」と言っていただける劇を作り上げることができたから!
正直、まだまだ突き詰めるべき部分がありましたし、もっと通しをやるべきだったetcなど後悔もしています。ホントにそこは悔しいです…
また、今回の公演で自分にどんな力が付いたか現段階ではよくわかっていません。
ただ、「Line」という一つの劇を作れてほんとによかったです!!

・役者の方々へ:クソ演出ですみませんでした…ですがこの一か月間ついてきてくださりありがとうございました!
皆さんのおかげで、ひとつの「劇」を作り上げることができました。
僕一人では到底できなかったことです。
・お手伝いさんへ:本番一週間前はドタバタとして、
さらに肉体労働も何度も強いるようなことがたくさんありましたが、
皆様のご協力のおかげで一つの舞台を作り上げることができました。心から感謝しています!
・当日来ていただいた方、関係者の皆様へ:これに関しては勝手に一人でペラペラしゃべっていいものなのか悩みどころではありますが、
劇団でごばは皆様からの温かいご支援があってこそ活動できています。
今回もまた例外ではありません。
団員を代表して心から感謝申し上げます。
これからも劇団でごばをよろしくお願いいたします。
…うわぁ字ばっか……
読みづらいかもしれませんが、
僕の本心に変わりありません。
それでは皆様、本当にありがとうございました!!!


また逢う日まで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

10/18 最後の通し練習

こんにちは。 劇団でごば、かっちです。
ついに・・・ついに本番の20日、21日が目の前に迫ってきました。
団員のみんなはやる気と緊張に満ち溢れています。
そして、明日舞台設営に入るので、今日はおそらく最後の通し練習という形になりました。
今回は1年生が3人役者として出演するので、経験値が若干少なく、心配点の一つでした。
しかし、そうした不安は1年生ならではのパワフルなやる気で補い、通しの練習で経験値をとにかく積んでいます。
そして、今まで練習を積み重ねた事を思い出し、自信を持ってお客さんに見ていただきます!
振り返ってみると、秋公演の稽古に入ってから、もうすでに実際の公演をする段階になっています。
時の流れは速いですね・・・
しかしやることはしっかりやりました。
今回の公演は4回も本番を行うということで、レベルアップの機会がたくさんあります。
来ていただくお客さんと一緒に劇を作っていき、その中でもっともっと突き詰めて、回を重ねるごとにより良い公演へと進化を続けていきたいです。

以下、公演情報です。よろしくお願いします。


劇団でごば第25回公演(2012年度秋公演)『Line』

-あらすじ-
あい、いらっしゃい。
あらあんた、見ない顔だね。
ここは東西に分断された国のど真ん中にあるカフェ。
昔は平和な国だったのに、今じゃ鬼と人間がいがみ合う嫌な時代になったもんさ。
軍人どもは物騒だし、鬼どもは騒がしくてやってらんない。
はい?あたいですか?……ここのカフェの店主だよ。
マスター・・・・・・?--アンナちゃんと呼べ!
劇団でごばが今年も暴れる!
鬼と人間が織り成す、ドタバタで奇想天外な一杯を召し上がれ!


演出:佐竹拓磨
脚本:青木邦晃

場所:
諏訪東京理科大学・432教室
日時:
2012年10月20日(土)・21日(日)
開演:
20日(土)……①11:00~ ②14:00~
21日(日)……①11:00~ ②13:30~

※開場時間は開演の30分前からです。
※公演時間は約一時間程度を予定しております。

入場料:
無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

残り二日!

タイトルどおりです。
日付の上では公演まで残り二日なんですね。
あ、申し遅れました劇団でごばの通称五代目です。
なんとか形になってきたなぁという部分もあり、ここからがさらに煮詰めていく過程でもある追い込みの時期となっています。
緊張感も高まり、ピリピリとしている演出さんをこの頃目にすることも多くなってきました。
なんとか劇を成功させる上で、毎度のことではありますがこの緊張感は大切だなぁということをいつも感じます。
ある種の必死さが、結果的にはいいものを作り上げていくのですから。
リハーサルも終わり、各々の役者は全てのシーンを通して、改めて今の自分に足りていない何かに気づかされたのではないでしょうか。
あ、やべぇ。という気付きは、自分ではなかなか感じられないものです。
ダメ出しを経て、さらなる自分の演技とはなんだろうという見つめ直しが始まります。
そんな意味でも、この時期の緊張感が私は好きです。
「これでいいや」ではなく、1%でもいい劇に近付けて当日を迎えていきたいものですね。
今回の稽古でも感じたのが、劇にとって大切なのは「間」だということです。
アイダではありません、マです。
以前、どなたかの話かは忘れましたが、この間というものを大切にしているという役者さんのトークをテレビで拝聴したことがありました。
その方いわく、「間の使い方」というものは役者がどこまでも突き詰めていかなくてはならない至上命題なのだとおっしゃっていました。
間が違えばそれは「間違い」であり、間が抜ければそれは「間抜け」となるのです。
お客さんの心を引きつける上で、最後の最後まで徹底していきたい要素だなと感じました。
お客さん全体の反応をもって、この秋公演は完成していくのですから。
長々としましたが、今日もでごばは発見の連続で、前向きな意味で平和なのでした。
これから先に向かう下級生たちに、大いにこの公演を通じてステップアップしていってもらいたいと思います。
それでは以下告知です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

劇団でごば第25回公演(2012年度秋公演)『Line』

-あらすじ-
あい、いらっしゃい。
あらあんた、見ない顔だね。
ここは東西に分断された国のど真ん中にあるカフェ。
昔は平和な国だったのに、今じゃ鬼と人間がいがみ合う嫌な時代になったもんさ。
軍人どもは物騒だし、鬼どもは騒がしくてやってらんない。
はい?あたいですか?……ここのカフェの店主だよ。
マスター・・・・・・?--アンナちゃんと呼べ!
劇団でごばが今年も暴れる!
鬼と人間が織り成す、ドタバタで奇想天外な一杯を召し上がれ!

演出:佐竹拓磨
脚本:青木邦晃

場所:
諏訪東京理科大学・432教室
日時:
2012年10月20日(土)・21日(日)
開演:
20日(土)……①11:00~ ②14:00~
21日(日)……①11:00~ ②13:30~

※開場時間は開演の30分前からです。
※公演時間は約一時間程度を予定しております。

入場料:
無料

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

それでは、残り数日となりました公演、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

10月14日稽古日誌

こんにちは^^ 劇団でごば、かっちです。
14日土曜日の日誌として記事を書かせていただきます。

とうとう秋公演まで1週間を切りました。
1年生として、初めてお客さんに自分の演技を見てもらえる機会が近づいて来ているので緊張もかなりありますが、積み上げてきたものの成果を見てもらえるという期待もかなりあります。
団員のみんなもすごくテンションが上がっていっているのがひしひしと伝わってきています。
泣けども笑えども1週間!! 笑いながら過ごし、お客さんにも自分たちが楽しんで作りあげた劇だということを感じていただければなぁーと思う次第です。
もちろん、劇を楽しんで見ていただくために、団員一致団結でつくりあげています!

さてさて、アクシデントというものはどうしても起きてしまうものです。
稽古はいつも大学の教室を使わせてもらってやるのですが、手違いにより教室が借りられませんでした。
しかしそこは演出さんの腕の見せ所! ミスをものともせず、代わりの場所を見つけて無事、稽古ができました。

ただ、代わりの場所というのが外でした。 寒空のもと、少し体を震わせながらの稽古・・・
真冬でなくてよかったと思うぐらい寒くなってきました。
話合いを車の中でやるなど、工夫しながら稽古をしました。
こういうアクシデントも、団結力が高まってたまにはいいなと思ったりしました。

なにはともあれ、密度の濃い日々を送っています。 この日々を後で振り返ると、きっといい日々だったと思えるとはずです。
ひとつひとつ、一歩一歩前へと進んでいきます。

ぜひぜひ、劇団でごばの公演をお楽しみに!!
以下公演情報です。よろしくお願いします。



劇団でごば第25回公演(2012年度秋公演)『Line』

-あらすじ-
あい、いらっしゃい。
あらあんた、見ない顔だね。
ここは東西に分断された国のど真ん中にあるカフェ。
昔は平和な国だったのに、今じゃ鬼と人間がいがみ合う嫌な時代になったもんさ。
軍人どもは物騒だし、鬼どもは騒がしくてやってらんない。
はい?あたいですか?……ここのカフェの店主だよ。
マスター・・・・・・?--アンナちゃんと呼べ!
劇団でごばが今年も暴れる!
鬼と人間が織り成す、ドタバタで奇想天外な一杯を召し上がれ!


演出:佐竹拓磨
脚本:青木邦晃

場所:
諏訪東京理科大学・432教室
日時:
2012年10月20日(土)・21日(日)
開演:
20日(土)……①11:00~ ②14:00~
21日(日)……①11:00~ ②13:30~

※開場時間は開演の30分前からです。
※公演時間は約一時間程度を予定しております。

入場料:
無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

本番まで残りわずか!

こんばんわ、劇団でごばの通称五代目です。
いよいよ秋公演が迫ってまいりました。
毎年のことではありますが、この時期の一年生たちの成長には目を見張るものがありますね。基礎が身に付き始めた彼らには、毎日少しずつ自信が蓄積されているのがわかります。
かなり初めての試みが多い今回の公演ではありますが、みんなであーでもないこーでもないと議論を交わして劇のクオリティを上げては、着実に劇が完成していく手ごたえを感じる毎日です。
ぜひともこのまま本番まで突っ走っていきたいものです。
初めてのジャンルの脚本に舞台構成、初の4回公演、初めての演出さん、初めての舞台を踏む一年生たち。
今回の劇はフレッシュさに溢れています。
ぜひともお時間のある方は足をお運びくださいませ!

それでは以下公演情報となります。

***************************

劇団でごば第25回公演(2012年度秋公演)『Line』

-あらすじ-
あい、いらっしゃい。
あらあんた、見ない顔だね。
ここは東西に分断された国のど真ん中にあるカフェ。
昔は平和な国だったのに、今じゃ鬼と人間がいがみ合う嫌な時代になったもんさ。
軍人どもは物騒だし、鬼どもは騒がしくてやってらんない。
はい?あたいですか?……ここのカフェの店主だよ。
マスター・・・・・・?--アンナちゃんと呼べ!
劇団でごばが今年も暴れる!
鬼と人間が織り成す、ドタバタで奇想天外な一杯を召し上がれ!

演出:佐竹拓磨
脚本:青木邦晃

場所:
諏訪東京理科大学・432教室
日時:
2012年10月20日(土)・21日(日)
開演:
20日(土)……①11:00~ ②14:00~
21日(日)……①11:00~ ②13:30~

※開場時間は開演の30分前からです。
※公演時間は約一時間程度を予定しております。

入場料:
無料

理大祭も十周年だそうです。今年は今までにも増してイベント自体が盛り上がる二日間です。
皆様のご来場をお待ちしております。
以上、五代目からでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

初投稿!第8期生 うつみん!

みなさんはじめまして。前回のかっちの更新に続き、第8期生のうつみんです。

秋公演本番まで2週間ちょっとなって私のテンションが上がってきています!

さてそんな私は演技中「あ、これやってみようかな」と考えたり、自分の中でいろいろ試行錯誤しています。
そして今日の稽古では私のお気に入りシーンの一つであり、いかにして相手の感情を変化させるかを考え、「顔芸」という点に着目しました。
そんじゃさっそく実践だー!と意気込んでみたところ、もっと崩せるのではないか?と自己反省しております。という感じに日々成長しているのが自分でも感じられます(?)

次はもっと雑談を交えていきたい、と思います。そんなわけで私うつみんの初投稿を終わらせていただきます。

↓では以下公演情報です↓

劇団でごば第25回公演(2012年度秋公演)『Line』

-あらすじ-
あい、いらっしゃい。
あらあんた、見ない顔だね。
ここは東西に分断された国のど真ん中にあるカフェ。
昔は平和な国だったのに、今じゃ鬼と人間がいがみ合う嫌な時代になったもんさ。
軍人どもは物騒だし、鬼どもは騒がしくてやってらんない。
はい?あたいですか?……ここのカフェの店主だよ。
マスター・・・・・・?--アンナちゃんと呼べ!
劇団でごばが今年も暴れる!
鬼と人間が織り成す、ドタバタで奇想天外な一杯を召し上がれ!



演出:佐竹拓磨
脚本:青木邦晃

場所:
諏訪東京理科大学・432教室
日時:
2012年10月20日(土)・21日(日)
開演:
20日(土)……①11:00~ ②14:00~
21日(日)……①11:00~ ②13:30~

※開場時間は開演の30分前からです。
※公演時間は約一時間程度を予定しております。

入場料:
無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »